郡山「総合南東北病院」 産婦人科での出産

カテゴリー

 

今年8月、2人目となる女の子を郡山にある総合南東北病院の産科で出産しました。

1人目である長男を妊娠した時、総合南東北病院の産科の情報が少なかったので…

(長男もここで産みました)

郡山にいる病院選びに迷っている妊婦さんへ、少しでも判断材料となればいいなと思い記録することにしました。

(出産レポではなく病院レポです)

 

総合南東北病院 産科 周産期センターについて

 

2005年12月1日より、今まで診療していた婦人科に加え産科周産期センターを開設したそうです。

周産期センターとは、産科と新生児科の最先端医療が合わさった施設のことです。

私がこの病院に決めた1番の理由です。

心配性なので、産まれた我が子になにかあった場合すぐに対処してもらえるようにと思っていました。

実際長男の時、お腹にいる頃から腎臓に影があることが分かり、出産してすぐに新生児科の先生が病室に来てくれて「腎臓のことですが、これから私たちがきちんとフォローしていきますので」と言ってくれて安心したことを覚えています。

ちなみに総合南東北病院は増築を重ねダンジョンのようになっており、産婦人科と周産期センターは違う棟にありおまけに結構離れています。

先生や助産師さんも大変ですね…

 

産科の先生

 

息子の妊娠時、産科の先生は2人いましたが、なんと現在(2019年9月の時点で)先生は1人で頑張ってくださっています。

助産師さんに聞いたところ、2018年にもう1人の先生が退職したそうです。

息子の出産のときも今回の出産も、同じ先生(N先生)が担当してくれました。

どちらかというとクールなN先生ですが、わからないことは誤魔化したりせずに「それは今の時点ではわかりません」と言ってくれるので

「先生がわからないのなら、素人の私が悩んで心配したって意味ないな!」と思えたのでありがたかったです。

忙しい先生なので、聞きたいことがあるときはすぐに聞かないといつのまにか診察が終わっていることになります…

(私がのろいだけかもしれません)

そんなN先生ですが、娘出産時に会陰裂傷がひどく…これから縫いますよ!という時に

あまりの痛さに「あと何針ですかぁ~?!」と聞いたら「これから縫うところです、ふふっ」と苦笑しながら言ってくれて、先生笑ってくれた…と勝手ながら和んだことがあります。

とはいえ、心配なことがあるとよく診てくれますしきちんと説明もしてくれるので不満を感じたことは一度もありません。

 

 

助産師さん

 

何人も助産師さんがいますが、娘の妊娠時に私が出会う助産師さんたちはみんな優しくて毎回たくさんのアドバイスをくれました。

栄養のことにとても詳しい方だったり、世間話で和ませてくれる方だったり、悪阻で辛いときにすぐ見抜いてベッドを用意してくれる方だったり…

みなさんテキパキしていてさすが助産師さん!という感じです。

出産のときも優しく声掛けをしてくれて痛いときは手を握ってくれて…夫も立ち会ってくれて本当に心強かったですが、助産師さんの声掛けには救われました。

(夫も何時間もありがとう!)

 

 

入院食

 

入院中の食事…気になりますよね。

今回(2019年8月入院時)の食事、何枚か撮ってきたので載せますね。

 

最後の2枚はお祝い膳です。

お祝い膳は2種類から選べます。

お米は毎回220グラムでした。

多いと思うかもしれませんが、私は余裕で完食でした!

お米に対してのおかずの量が少なく感じたので、持ち込んだふりかけが大活躍でした。

「美味しくて豪華な食事がいいな」という人は、南東北病院は合わないかもしれませんね…

私は白米大好きなので大丈夫でしたが、途中から脂分が少ない!と思い家族にから揚げなんかを持ってきてもらいました。

 

 

病室

 

大部屋はないので個室に入院となります。

部屋にはトイレ洗面所シャワールームクローゼットテレビ小さい冷蔵庫があります。

テレビが置いてある棚には荷物をいれるスペースもあります。

テレビは無料で見られます!

椅子は1つしかありませんが、助産師さんにお願いすると持ってきてくださいます。

入院着は毎日新しい(前開きのワンピースタイプの)ものを1枚持ってきてくれますよ。

 

 

出産費用

 

妊婦健診では、助成券を使っても毎回1500円前後払っていました。

退院するときに払う分娩費その他諸々は

自然分娩の息子で約52万

陣痛促進剤等を使い通常よりも1泊多く入院した娘だと、それプラス数万という感じでした。

(そこから出産育児一時金を42万円を差し引いた金額を払います)

※分娩方法や処置によって違うと思いますのでご参考までに…

 

南東北病院はクレジットやその他のカードが使えるので、出産育児一時金の直接支払制度を使わずに(予約金30万円をあらかじめ払う必要があります)

全額楽天カードで支払い楽天ポイントをゲットしました。

出産後、健康保険組合に書類を出したりする必要があるので少し面倒ですが、時間がある方にはオススメです。

 

 

郡山には産婦人科がいくつかありますので、どこにするか、何を優先して考えるか迷ってしまいますよね。

これから病院を決める妊婦さんの参考になれば幸いです。

 

※2019年8月の話ですので、今後産科の状況が変わることもあるかと思います。ご了承ください。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 郡山情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村

コメント