ジムに通ったら本当に体力がつくのか?〜実体験レポ〜

カテゴリー
日常

体力がない

 

私は昔から体力が他人の1/3なんです。

別にこれを言い訳にしたいわけではなく、ただの事実です。

他の人と同じことをしても、そのあと私だけぐったりと動けなくなるほど体力がありません。

友達と旅行に行っても、私は21時就寝。

友達は居酒屋へ…

(寂しいけど仕方ない…寝ないと次の日フラフラなので…)

体育の授業は大嫌い。

マラソンはいつもビリ。

少し走ると脇腹が激痛、喉から血の味。

私の母もそんな感じなので、遺伝なのでしょう。

上手く付き合っていくしかないのです。

今はそうやって割り切ることができますが

 

20歳の頃…

(ラッキーなことに近所にジムがあるので)体力作り&ダイエットの為にも

通うことにしたんです。

1度やり始めたらハマってしまい…

週6、1日約3時間は運動していました…

しかも数年続けて。

筋トレ、ランニングマシン、スタジオプログラム(ヨガやキックボクシング)、プール、サウナ…

会費分以上に通っていましたね。

 

さて、肝心な体力はと言うと…

つきました、

ジム用の体力が。

そうなんです、ジムに行き、ジムで運動する為の体力だけは付き

日常生活ではあまり変わりませんでした。

むしろジムの為に体力を使っていたような感じです。

日常生活に残す体力ナシ!

見事な本末転倒ですね。

あれから何年も経ち…なんであんなに頑張っていたのだろう…?というくらい

今は全く運動していません。

息子を抱っこするくらいです。

体重ですが、ジムに通っていた頃はさすがに痩せましたが

辞めたら元に戻りました。

自然の摂理です。

そして気付きました。

私は頑張って運動して痩せたいんじゃない。

美味しいものを食べて楽して痩せたいんだと。

どうせ痩せるなら楽な方がいいに決まっています。

ですが楽してモデル体型なんて無理です。

なので今は美味しいものを食べ、毎日幸せに普通体型。

普通が1番。

(ムチムチの部分もありますが、隠せるのでオッケー!)

 

しかし良いこともありました。

ジムでインストラクターに教わりながら体を動かすこと…すごく楽しかったんです。

ヨガもダンスもピラティスもキックボクシングも。

私は「体育の授業」が嫌いだっただけであって、「運動」は別に嫌いではなかったんだなぁ。

まぁ今はしていませんが。

 

〜結論〜

ジムにハマりすぎると、体力をジムにしか使えなくなるので

結果的に日常生活では変わらない。

※個人差あり

コメント