和菓子屋チェーン店でパートしていたときの話

カテゴリー

和菓子屋は好きですか?

息子を出産するまで、私は本業(音楽関係)だけだと収入が(あまりにも)少なかったので

副業としてショッピングモール内の和菓子チェーン店でパートをしていました。

 

土日と平日の夕方は本業の仕事があったので、その旨を面接の時に説明したら

「そういうことなら、平日の日中だけでもいいですよ」と言われ採用されました。

 

なので私のシフトは、平日週3〜4の8:00〜15:00という感じでした。

かなり希望通りだったので嬉しかったです。

本業のことも、そちらに合わせて調整すると言っていただき有り難い限りでした。

 

タイムスケジュール

 

仕事のタイムスケジュールとしては…

 

7:40 ロッカールームで着替え

ロッカールームからお店が遠いので、少し面倒でした(笑)

 

7:45 お店に到着&タイムカード押し

タイムカードと言っても、パソコンに入力するタイプです。

 

7:50 手を洗って和菓子作り開始

チェーン店とはいえ、結構本格的に作るお店だったので

まずは巨大な蒸し器のスイッチを入れるところから。

そして前の夜にタイマーで炊けるようにしていたもち米を保温容器の中へ。

ジャーはすぐに洗って綺麗にしておきます。

蒸し器が温まったらお団子を蒸し、その間におはぎ作り。

日中は2人体制なので、まずはおはぎ担当とお団子担当にわかれます。

そして定番商品や季節商品をとにかく作る!ひたすら作る!

作るのは好きなので、わりと楽しかったです。

 

10:00 オープン 作りながら売る

10:00になったら、接客しながら少なくなってきた和菓子を作って補充します。

平日はそこまで混まないので、2人いればなんとか大丈夫です。

 

11:00 工場からの荷物を受け取り

問題はこれ…決まった曜日に工場から大量の材料が冷凍で届くので、その仕分けと冷凍庫へ入れるのが力仕事でした。

1箱がかなりの重さだし冷たいし、よく考えないと冷凍庫に入りきらないし…

しかし肉体的に大変だったのはこれくらいですね。

 

13:00 次の日の食材の準備

そろそろ次の日のみたらし団子のタレを作ります。

材料を量り巨大な鍋に入れグツグツ…

タレがハネると火傷するので要注意。

温度を間違えると透明感のないタレになってしまうので、火傷覚悟で頑張ります。

 

14:00 そこそこ暇な時間

接客しながら足りない商品を作りつつ、備品の整理や在庫の確認、清掃をします。

どの仕事も同じでしょうが、探せばやることはたくさんあります。

 

15:00 グッバイ

急に混んだりやらなければいけないことがある時は延長しますが

だいたい15時には帰れていました。

次のシフトの人へ連絡事項を伝え、ロッカールームで着替えて帰宅。

 

※時間、仕事内容はおおまかなものになっています

 

だいたいのタイムスケジュールはこんな感じです。

接客だけでなく、8:00〜10:00はずっと和菓子作りなので

私はそこが好きでした。

 

平日と休日の差

 

歳上のパートのお姉さま方(朝〜のシフトの中で私が1番歳下でした)と、いろんなお話をしながらおはぎやお団子を作る時間…

結構楽しんでいました。

まだ息子が生まれる前だったので、子育ての話を聞いて勉強になることもたくさんありました。

 

私は平日メインだったので、あまり焦ることなく過ごしていましたが…

たまーに土曜日に出ることもあり、やはり休日はかなり大変です。

平日の倍以上の人数でお店を回します。

店内がガヤガヤしているので、いつもより大きな声を出して接客するし

本当に混んでいる時は作っても作っても足りない…

体力と気力が必要です。

 

イベントの時

 

しかし、1年の中で1番大変なのは

やはりお盆端午の節句年末年始ですね。

お盆は大量のおはぎを作り

端午の節句はひたすら柏餅を蒸し

年末年始は作っては売り作っては売り…

 

いくら私が平日メインの人員でも、さすがにこのようなイベントの時はできる限り出勤していました。

休日はやることがたくさんあって大変ですが、達成感はかなりありました!

どんどん売れていく和菓子を見るのは気持ちいいものがありましたね。

 

時給とやりがい

 

時給ですが、平日は850円休日祝日は900円でした。

おそらく…郡山の飲食・接客業の中では普通〜少し高いくらいだと思います。

大変な時もありますが、お客様の「ここのおはぎ好きなんです」「きな粉団子のきなこが美味しいから、余ったらいつもヨーグルトと混ぜて食べてるよ〜」「母がここのどら焼き大好きで…」という言葉で

明日も頑張ろう…と思うことができました。

そして私は単純作業が好きなので、1度覚えてしまえばあとは黙々と手を動かすだけの和菓子作り…性に合っていたので楽しかったです。

人間関係がとても良かったのもラッキーでした。

 

和菓子が好きで、料理と接客が苦でない人にはぴったりの仕事だと思います。

特におはぎ作りのスキルはかなりつきます!

1年中、毎日絶対に作るので…(笑)

またあのお店で働きたいなー…と今でもたまに思います。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ

にほんブログ村 一人目育児

コメント